法律上オンラインカジノは何に気をつけるべきか

賭博法はオンラインカジノに当てはまるのか

日本には、賭博法という法律があります。これは、日本国内で行われる、お金をかけたギャンブルを取り締まるための法律です。
一般的には、競馬やパチンコなどといった国営のギャンブルしか認められていないので、それ以外にお金を賭ける行為を行った場合は、この法律の処罰の対象となります。そこで気になるのがオンラインカジノがこの賭博法で有罪になるのかどうかというところです。日本国国内でも普及し、広まっているオンラインカジノですが、日本国内でお金をかけてゲームをしているということで言えば違法になってしまいそうです。しかし、実際のところプレイしている人はほとんどが自由に楽しんでいる状態です。これはなぜなのでしょうか。

オンラインカジノのイメージ

オンラインカジノの仕組み

オンラインカジノは、自宅のパソコンやスマートフォンなどを使って、海外のサイトにアクセスを行い、その海外のサイト上でカジノのゲームをプレイします。そのため、日本に居ながらにして、海外のカジノに遊びに行っているような感覚になります。実際に海外に旅行に行って、その旅行先でカジノに行くことに関しては法律上何の問題もありません。この場合問題になるのは、サーバーや運営会社が海外にあったとしても、プレイしている本人が日本国内にいるということです。

オンラインカジノに関する法律は整備中

プレイした場所が法律の対象となるのか、それともプレイしたサーバーや運営会社が存在する国が法律の対象になるのかによって、合法か違法かということが変わってくるのです。そして、基準をどちらに置くのかということに関しては、現在の日本の賭博法では、はっきりとした区分けはされていません。法律自体が整備中なのです。オンラインカジノは、まだ日本ではそれほど普及していないため、法律を整備する必要がないという判断なのかもしれません。

気をつけなければいけないオンラインカジノ

オンラインカジノは様々な種類がありますが、その中でも注意しなければいけないオンラインカジノがいくつかあります。まず注意が必要なのが、日本人に内容を合わせているオンラインカジノです。
これは、海外にサーバーが置いてあったとしても、参加者やディーラーがほとんど日本人で構成され、コンテンツもほとんど日本語表記、そして日本語でのチャットにも対応したりしているところがあります。その場合、サーバーが海外にあったとしても、日本国内の法律で起訴される可能性があります。
2016年に話題となった。「スマートライブカジノ」というオンラインカジノの利用者が逮捕された事件があります。結局は、不起訴となり、有罪にはならなかったのですが、このスマートライブカジノは、日本人向けに特化したコンテンツを作っていたので、対象にされた可能性が高いです。そのため、そういったカジノはオンラインカジノをプレイする際には避けたほうがいいかもしれません。