オンラインカジノの始め方

オンラインカジノの開始

オンラインカジノを始めるためには、まずはカジノ選びから始めましょう。
オンラインカジノには、ダウンロードタイプのカジノ、そしてノーダウンロードタイプのカジノが存在しています。
ダウンロードタイプの場合、トップページからロゴをクリックし、インストールを行います。
ノーダウンロードタイプの場合、ダウンロードの必要がなく、ブラウザ上でゲームが出来ますので、手間がかからないというメリットがあります。
また、以前までは、ブラウザ版は、動作が遅いといわれていましたが、今は改善されています。

アカウントを作り、個人情報の登録

オンラインカジノを始める際にはアカウントの作成が必要で、個人情報を登録します。
個人情報を入力することに抵抗がある方もいますが、お金を賭けることもあり、有料ゲームなら必ずアカウント登録が必須となります。
入力フォームに従い入力をしますが、嘘や間違ったことを入力すると、払い戻しの際に、応じてもらうことが出来ず、アカウントが凍結されてしまう恐れもありますので注意をしましょう。
ローマ字入力はミスも多いので、注意をするようにしましょう。

オンラインカジノの登録とは?

オンラインカジノを始める際には、ソフトをまずはダウンロードする必要があります。
遊びたいと思うカジノが見つかれば、いますぐプレイなどのロゴをクリックすることで、ソフトをインストールすることが出来ます。
インストールは、たいていの場合は、Windows対応となっていて、Macは対応をしていないので、その場合は、ノーダウンロードタイプのオンラインカジノで遊びましょう。

また、パソコンの場合には、インストールが必要ですが、スマホの場合はこれが必要がなく、ホームページにアクセスするだけで始めることが出来ます。

アカウント登録について

オンラインカジノを始める際には登録が必要です。ここでは最低限のメールアドレスや住所、名前を入力フォームに打ち込みだけなので、とてもカンタンです。
しかし、ここで気を付けたいのがけして嘘をついてはいけないということです。
間違えたり、誤った情報を入力すると、支払い戻しの際に支払って貰えなかったり、アカウントが凍結される恐れもありますので、正確に入力をするようにしましょう。

入金で必要なこととは?

オンラインカジノの入金で必要なことですが、チップを購入するために入金が必要なので、クレジットカードやエコペイズ、そして電信送金などの方法で入金をしましょう。
それぞれ特徴がありますが、最もおすすめされているのが、エコペイズといった電子決済サービスです。
クレジットカードは入金手段として人気ですが、出金に利用をすることが出来ないというデメリットがあります。

電信送金の場合は直接銀行に行って、書類を書く必要があり、手間がかかってしまいます。
エコペイズなどの電子決済サービスならば、アカウント口座を作成しておけば、資金管理が容易ですし、この次からも使う事が出来て便利です。

入金をするための方法、便利なのは?

オンラインカジノでは、クレジットカードで入金できるサイトも増えていますので、お金を出金することを考えずとりあえず入金するのであれば、クレジットカードが便利です。
しかし、クレジットカードの場合、出金が出来ないので、長く遊び続けるのであればエコペイズなどの電子決済サービスの口座を作成しておきましょう。
また、銀行からの振り込みなど電信送金でも入金をすることが出来ます。最近では、ビットコイン専用のオンラインカジノもあり、決済に利用できるところもあります。

ゲットした賞金を出金しよう

オンラインカジノでゲットした賞金を出金するための方法ですが、エコペイズなどの電子決済サービスがやはり便利です。
エコカードというプリペイドカードがあれば、セブン銀行、ゆうちょ銀行で引き出すことが出来て、非常に便利です。
また、オンラインカジノに依頼をして、銀行に振り込んでもらう、電信送金もあります。

そのほかにも、小切手を発行してもらい、それを銀行に持って行って換金するという外貨小切手で払い戻しを受ける方法もあります。
しかし、小切手は郵送となりますので、数週間もかかる上、手数料も高いということから、あまりおすすめではありません。
やはりエコペイズなどのオンライン決済サービスが便利です。

払い戻しの注意点と方法

オンラインカジノにおいての払い戻しですが、電子決済サービス、外貨小切手、電信送金などの払い戻し方法があります。
最もおすすめなのが電子決済サービスで、エコペイズを利用すれば、ATMから引き出すことが出来ます。
外貨小切手や、電信送金の場合、手数料が割高なのと、時間がかかるという点で、あまりおすすめできません。
また、オンラインカジノによっては、引き出しすることが出来る上限が決まっているところもあります。その場合には、複数回に分けて出金をする必要があります。

払い戻しの際には、身分証明書の提出が求められますので、これも準備しておきましょう。