マイクロゲーミングの看板スロット「メガムーラ」を徹底攻略

マイクロゲーミングの看板スロット「メガムーラ」を徹底攻略
マイクロゲーミング(Microgaming)ではこれまでに数多くのスロットをリリースしていますが、その中でも看板スロットと言えるのがメガムーラです。
まだオンラインカジノという名前が日本ではほとんど知られていなかった時代、メガムーラが登場しました。
今では億万長者の夢を実現するべく、世界中のオンラインカジノユーザーがメガムーラにチャレンジしています。
そこで今回の記事では、マイクロゲーミングの看板スロット「メガムーラ」を徹底攻略と題し、メガムーラの概要や人気の理由、勝率アップの攻略法などを詳しく解説していきますので、是非参考にしてみてください。

そもそもメガムーラってどんなスロット?

メガムーラは、2006年にマイクロゲーミングからリリースされたオンラインカジノ用のスロットで、見た目は非常にシンプルです。
5リール×3行のオーソドックス型で、広大なサバンナをテーマにしています。
ボーナスは2種類用意されており、スキャッターシンボル3つ以上の出現から発動するフリースピンボーナスと、メガムーラの真骨頂であるジャックポットボーナスです。
一見どこにでもあるような普通のスロットですが、ペイアウト率が88.12%と非常に低く設定されています。
オンラインカジノのスロットと言えば95~97%が当たり前であり、メガムーラのペイアウト率は平均よりもかなり低いことがわかります。
つまりユーザーにとっては「負けやすく勝ちにくい」スロットがメガムーラなのです。
ではどうしてここまでペイアウト率を低く設定しているのでしょうか?
その全ての理由はジャックポットボーナスにあります。

メガムーラのジャックポット

メガムーラのジャックポット
メガムーラのジャックポットボーナスは、「MEGA」「MAJOR」「MINOR」「MINI」の4種類があり、それぞれ最低獲得金額に大きな違いがあります。
MINIで10ドル、MINORで100ドル、MAJORで10,000ドル、そしてMEGAにもなると1,000,000ドルと一気に跳ね上がります。
しかもこれらは最低獲得金額であるため、世界中のユーザーがメガムーラで遊ぶことでどんどんと金額が増えていきます。
その結果、過去には約24億円という夢のようなMEGAジャックポットボーナスが出現しており、一夜にして億万長者の仲間入りとなりました。
この強烈なジャックポットボーナスを搭載しているため、メガムーラのペイアウト率は極限まで下げられているわけです。
まさにハイリスク・ハイリターンなスロットがメガムーラなのです。

フリースピンボーナスでも大チャンス

メガムーラにはフリースピンボーナスも搭載しており、紫色の猿シンボルがリール上に3つ以上停止することで発動します。
フリースピンボーナスは15回転固定で、3倍のマルチプライヤーが適用されます。
マルチプライヤーとはベースゲーム中の配当が倍増するフィーチャー(スロットが持つ特別な機能)のことで、配当は全て3倍になって払い出されます。
そんなフリースピンボーナス中に大活躍するのがライオンシンボルのワイルドで、ベースゲーム中でも2倍配当となるため、フリースピンボーナス中は6倍にもなります。
メガムーラと言えばジャックポットボーナスばかりが注目されていますが、実はフリースピンボーナスも大チャンスなのです。
ベースゲーム中はフリースピンボーナス突入を祈りつつ、じっくりとジャックポットボーナス当選を待ちましょう。

メガムーラで一攫千金を狙い打つ攻略法

ここまでメガムーラの概要について詳しく解説してきましたが、ではメガムーラのジャックポットボーナスで一攫千金を狙うためにはどうしたら良いのでしょうか?
ジャックポットボーナスは毎ゲーム抽選が行われており、無抽選のゲームはありません。
つまりいつどんなタイミングでも全てのユーザーに対してジャックポットボーナス獲得のチャンスがあります。
しかしジャックポットボーナスの出現率はベット金額によって大きく異なり、実はベット金額が大きければ大きいほどMEGAが出やすくなっているのです。
実際にメガムーラのルールページへアクセスするとわかりますが、そこには「ベット額が高いほど、プログレッシブジャックポットを獲得する可能性が高くなります」とハッキリと明記されています。
メガムーラで一攫千金を狙うために、思い切った投資は必要不可欠なのです。

まとめ

まとめ
今回は、マイクロゲーミング(Microgaming)の看板スロット「メガムーラ」を徹底攻略と題し、マイクロゲーミングが誇るメガムーラについて詳しく解説させていただきました。
メガムーラは、2006年に登場した非常に古いスロットではありますが、その爆発力を夢見て、今もなお世界中のユーザーから支持を集めています。
非常に夢のあるスロットではありますが、ジャックポット確率は非常に低いですし、ペイアウト率も平均よりも遥かに下です。
この厳しい条件から勝利を掴み取るために、少しでもベット金額を大きく設定しましょう。
ただしハイリスク・ハイリターンのスロットですので深追いは厳禁です。
メガムーラで遊ぶ前に「いくら負けたら止める」という損切りタイミングを決めておきましょう。
メガムーラに限らず、オンラインカジノで最も重要な攻略法は損切りなのです。

オンラインカジノでマーチンゲール法を実践するのは禁止なの?

オンラインカジノでマーチンゲール法を実践するのは禁止なの?
マーチンゲール法のロジックは、理論上プレイヤーに確実な勝利を約束するものですので、オンラインカジノで禁止されているのではないか?と気になる方も多いことでしょう。
確かにオンラインカジノで遊ぶプレイヤー全てがマーチンゲール法を実践した場合、オンラインカジノとしては大損害になりかねません。

そこで今回の記事では、オンラインカジノでマーチンゲール法を実践するのは禁止なの?と題し、マーチンゲール法の落とし穴について解説していきます。
またマーチンゲール法で失敗しないための心得についてもご紹介しますので、是非参考にしてみてください。

理論上100%勝てるマーチンゲール法

マーチンゲール法は理論上100%勝てる攻略法として知られ、どれだけ損失が発生しても一時的なもので、勝てば全ての損失が回収されます。
さらに損失回収と共に利益も出るため、まさに理想的な攻略法と言えるでしょう。
やり方はとってもシンプルで、確率約50%で配当2倍のゲームを使い、負けたらベット金額を倍にしていくだけです。

例えば初回1ドルベットで、負けたら2ドル、4ドル、8ドル、16ドル、32ドルと倍々にしていき、連敗がストップした時点で利益が確定し、ここでマーチンゲール法をリセットします。
まさにオンラインカジノ側にとっては驚異の攻略法になると言っても過言ではありません。

マーチンゲール法は基本的に禁止されていません

マーチンゲール法は基本的に禁止されていません
オンラインカジノ側の不利益になりそうなマーチンゲール法ですが、禁止しているオンラインカジノは基本的にはありません。

一部の禁止しているオンラインカジノもありますが、ほとんどのオンラインカジノではマーチンゲール法を使ったところで何かしらペナルティを受けることはありませんのでご安心ください。
ただしボーナスを使う場合には注意が必要です。
ボーナスとは新規登録時や初回入金時などでもらえる特典のことで、リアルマネーのようにゲームへのベットが可能です。

このボーナスを使ったマーチンゲール法を禁止しているオンラインカジノは意外と多く、ボーナス利用規約にも「低利益率の賭け方の禁止」と明記されています。
万が一ボーナスを使ったマーチンゲール法が運営側に知られてしまうと、ボーナス全額没収、勝利金の没収、最悪はアカウント停止処分を課せられる可能性がありますのでご注意ください。

マーチンゲール法が禁止されていない理由

これほど強力な効果のあるマーチンゲール法ですが、どうしてオンラインカジノでは禁止されていないのでしょうか?
それはマーチンゲール法で莫大な利益を出させないための制限が存在するからです。
そもそもマーチンゲール法は、勝っても初回ベット金額分のみですから、オンラインカジノ側からしてみれば、大した損失になりません。

オンラインカジノ側が警戒しているのは、莫大な資金を持つハイローラーによるマーチンゲール法です。
いきなり10,000ドルとかベットされてしまい、勝つまでマーチンゲール法をやられてしまったら、オンラインカジノ側の損失はとんでもないことになります。
そのためにテーブルリミットと呼ばれる「最大(最小)ベット金額」が決められており、強制的にマーチンゲール法を続けることのできない状況を整えているのです。

マーチンゲール法で失敗しないための心得

マーチンゲール法で失敗しないための心得
マーチンゲール法で失敗しないためには、とにかく十分な資金を用意しておくことです。
資金ショートで次ゲームへベットできなくなってしまったら元も子もありません。
あくまでも目安ですが、10連敗しても資金ショートを起こさない程度の資金を用意しておきましょう。
またずっとマーチンゲール法を続けていても、いずれは大連敗し、大きく負けてしまう可能性があります。
ですので、いくら勝ったら止めるという利確の金額を決めておくことも大切です。

例えば「10回連続でマーチンゲール法が成功したらスパッと止める」のように、勝ち逃げする回数を具体的に決めておきましょう。
逆に「マーチンゲール法中に7連敗したら損切りする」「資金の半分が無くなった時点で損切りする」などのように、損失を確定させるタイミングも重要です。

まとめ

今回は、オンラインカジノでマーチンゲール法を実践するのは禁止なの?と題し、マーチンゲール法が禁止されていない理由やマーチンゲール法で失敗しないための心得などを詳しくご紹介しました。
マーチンゲール法は、どれだけ損失が発生しても一度でも勝てば全ての損失が回収可能な攻略法です。
しかしオンラインカジノでマーチンゲール法は禁止されていません。

その理由は、マーチンゲール法で莫大な利益を出させないためのテーブルリミットで制限し、きちんとハイローラー対策が施されているからです。
また資金ショートでマーチンゲール法が失敗する方が多いことから、オンラインカジノからしてみればマーチンゲール法に驚異を感じていないのです。

だからこそ、いくら勝ったら止めるという利確の金額、そして損失を確定させるタイミングをきちんと決めておくことがマーチンゲール法では重要なのです。

カジノシークレットで受けられるキャッシュバックについて解説

ウェルカムキャッシュバックの特徴と受取方法

ウェルカムキャッシュバックの特徴と受取方法
カジノシークレットにはウェルカムキャッシュバックと呼ばれるシステムが存在しています。
ウェルカム、つまり初めて登録した人を歓迎する目的でつけられたキャッシュバックシステムというわけです。

では実際にこのウェルカムキャッシュバックシステムを利用することができる条件や受取方法を見ていきましょう。

ウェルカムキャッシュバックを受ける人の対象としては、新規登録をして初回入金を完了したプレイヤーとなっています。
そして初回に入金した額の半分、つまり50%がキャッシュバックとして受けられることとなっています。

ちなみにキャッシュバックを受ける場合の最大額は470ドルが最大値となっていますので、それ以上の額はキャッシュバックされません。
どのようにしてこのウェルカムキャッシュバックシステムを申請するのかですが、申請する必要はないのです。
このウェルカムキャッシュバックシステムは、全てのユーザーに適用されますので難しい申請せずとも適用を受ける事が可能となっているのです。

ただ細かい条件がいくつか存在しているので見落とさないようにしておくことが重要です。
ウェルカムキャッシュバックが適用されるには、初回入金額を使い切った場合でありもっと細かく言うと0.2ドルを下回った時なのです。
つまりは初回入金額を使い切っていない人は受けられないということなので、注意が必要です。

またベッド額にも条件が付けられており、スロットの場合では5ドル、ライブカジノやテーブルゲームでは25ドルを超えてベッドするとウェルカムキャッシュバックを受ける事ができなくなるという条件が付いています。
さらに時間的制約も設けられており、初回入金をした時から30日間までとなっていますので、この間に入金したお金が0.2ドルを下回る事が無かった時にはウェルカムキャッシュバックを受ける事ができないのです。

インスタント・キャッシュバックとその対象ゲーム

インスタント・キャッシュバックとその対象ゲーム
カジノシークレットでは、2回目の入金を終えてプレイする人たちに向けてもキャッシュバックシステムを設けており、それがインスタントキャッシュバックと呼ばれているものです。
インスタント・キャッシュバックでは具体的にどのような還元をしているのか解説していきます。

インスタント・キャッシュバックというのは、万が一ゲームにおいて負けてしまった場合には、負け額の一定割合を即時にキャッシュバックするシステムです。
どの程度の割合でキャッシュバックされるのかについては明確な規定が無いのですが、凡そ1割がキャッシュバックされるとされています。

つまりは仮にゲームをプレイして5万円の損失をしてしまった場合でも、1割の5千円はキャッシュバックされるということなのです。
インスタント・キャッシュバックを上手に利用することで、負けた賭け金額を一定割合まで抑える事ができますが、全てのゲームで受けられるわけではありません。
インスタント・キャッシュバックにおいては対象となり得るゲームは決まっており、対象ではないゲームをプレイするとキャッシュバックを受けられません。

インスタント・キャッシュバックを受けることができるゲームには「$マーク」が付いているのでプレイ前に確認しておきましょう。
出金条件は特に存在しておらず又有効期限も存在していないのでキャッシュバックされたマネーでプレイしたり出金したりできます。

ウェルカムとインスタントのそれぞれの魅力やメリット

ウェルカムとインスタントのそれぞれの魅力やメリット
ウェルカムキャッシュバックシステムの魅力は何といってもキャッシュバックされる還元率が非常に高い事にあるといえます。
ウェルカムキャッシュバックシステムの場合には初回入金額の半分、つまり50%のキャッシュバックですからとても還元率が高いといえます。
しかもウェルカムキャッシュバックは申請をわざわざしなくても、新規登録をして初回入金さえすれば全てのユーザーが対象となるのも素晴らしいのです。

またインスタント・キャッシュバックの場合には損失してしまった額の1割をキャッシュバックしてくれますが、こちらも還元される額が高いのが特徴です。
仮にゲームプレイにおいて損失額が膨らんで行ってしまったとしても、一定割合は戻ってくるので安心してプレイすることが可能です。

しかもインスタント・キャッシュバックにおける出金するための条件というものは存在しないのでとても使いやすい面があります。
インスタントの場合には出金条件がないのでそのままキャッシュバックされたマネーを出金してもいいですし、新たなプレイに利用することもできるのです。
このようにウェルカムキャッシュバックシステムは、申請せずとも条件を満たす全てのユーザーに適用され還元率も大きいという魅力があります。

インスタント・キャッシュバックにおいては、損してしまった額の1割をキャッシュバックという高還元率に出金条件が存在しないという使いやすさがあります。
どちらのキャッシュバックも最大限生かすことで、お得にプレイすることが可能となってくるので要チェックです。

ネットカジノを違法だと勘違いしている人が多いその理由と真相は?

ネットカジノはPCはもちろんのこと、スマホからでも気軽に楽しめるタイプも登場していることから身近なエンターテイメントとして親しまれています。
一方で、一つの疑念を抱いている人もいるのではないでしょうか。

そうです、「違法性」です。
日本の法律ではギャンブルは違法です。
それだけに、ネットカジノに関しても違法だと考えている人もいるようですが、ネットカジノは違法なのかについて、いろいろと掘り下げてみました。

ネットカジノは違法?

ネットカジノは違法?
ネットカジノを違法だと考えている人が多いのは分からない話ではありません。
日本国内に於いて、ギャンブルは違法です。例え友達同士で軽い気持ちで賭けをしたとしても賭博罪に問われます。
日本国内にて許されているギャンブルは競馬や競艇といった公営ギャンブルのみ。

パチンコに関しては三店交換式とすることでグレーゾーンとされているほど。
このように、ギャンブルに関しては少々厳しい法律がありますので、ネットカジノに関しても違法だと考える人がいても不思議ではありません。

しかし、これはあくまでも国内の話です。
ネットカジノはオンライン上。
オンライン上にはオンライン上の法律解釈があります

オンライン上の法律の解釈とは?

ネットカジノに限らず、オンライン上の法解釈はサーバーが置かれている国の法律に準拠する形式が一般的です。
インターネット・オンラインの世界は、手元の操作だけで海外のページにアクセスが可能ですが、もう少し掘り下げると、海外のページを閲覧する際には海外のサーバーにPCやスマホでアクセスし、海外のサーバーを通して海外のサイトを閲覧しています。
体そのものはどこにも移動していませんが、データだけは海外まで移動しているのです。

そのため、法律的な解釈としてはサーバーのおかれている国に準拠します。
これは海外旅行と同じ原理です。
海外旅行の場合も現地の法律に準拠するものです。
例えば日本人がアメリカに海外旅行をすれば、アメリカにいる間にはアメリカの法律の下での行動が求められます。
日本ではギャンブルは違法ですが、アメリカの州によっては合法なので、合法の州でギャンブルを楽しんだとしても法に問われることはありません。

ネットカジノも理屈は同じです。
海外のサーバーを通して遊んでいるので、体そのものが日本にあるとしても、法律は海外、サーバーが設置されている国に基きます。

ネットカジノのサーバーは?

ネットカジノのサーバーは?
ここでポイントとなるのがネットカジノのサーバーがどこに置かれているかです。
サーバーの置かれている国の法律に準拠するとしても、日本に置かれているネットカジノであれば違法になります。
しかし、この点も問題ありません。
なぜなら、ネットカジノはそのすべてが海外のサーバーです。

そもそも、ネットカジノの業者は海外の業者です。
海外でライセンスを受けた業者がネット上でカジノという業態にてサービスを展開しています。
決して日本人だけにサービスを展開している訳ではなく、あくまでも「世界のユーザー」に向けてサービスを展開しています。
日本語が表示されているのも、日本人ユーザーも対象の一つとしているのであって、ネットカジノのユーザーは世界中に存在しています。

このように、ネットカジノはカジノが合法の国のサーバーにて運営されていますので、海外旅行同様、日本人がネットカジノを楽しんだとしても違法ではないことが分かります。

ネットカジノは違法ではないからこそ盛り上がっている

ネットカジノは違法ではないからこそ盛り上がっている
ネットカジノは今では数えきれないほどのものとなっています。
仮のですが、ネットカジノが違法であればここまで増えてはいないでしょう。

また、日本人ユーザーも増加傾向にあるとされていますが、こちらも違法ではないからこそです。
特に昨今は、一般的なサイトであってもネットカジノの広告を見かけるケースも増えています。
それだけネットカジノが身近な存在となっているからこそですが、根底に違法ではない点が挙げられます。

確かに日本国内のギャンブルは違法ですが、ネットカジノはそもそも国内のギャンブルではありません。
インターネットがない時代には、まさか日本国内で違法ではあっても海外では合法なものを国内にいながらにして楽しむことなどできませんでした。

しかしインターネットのおかげでそれも可能になりました。
つまり、まだまだ法律が追い付いていない部分もあるのですが、ネットカジノを違法だと思っているひとがいれば、それは誤解であることが分かるのではないでしょうか。

ネットカジノは違法ではないので思う存分楽しもう!

ネットカジノが違法なのかについて見てみると、ポイントとしてはサーバーの置かれている国がどこなのかという点です。
そして、日本のサーバーで運営しているネットカジノはありません。
真っ当に運営しているネットカジノはすべてカジノが合法の国・エリアのサーバーにて運営していますので、ネットカジノの違法性はさほど意識する必要はありません。

ブラックジャックが日本人に人気の理由

オンラインカジノのゲームは多数あります
特に「オンラインスロット」と呼ばれるジャンルは、オンラインカジノでプレイ可能なゲームの9割を占めています。
オンラインスロットはパチスロやパチンコと違い、一定期間以上同じ機種は置けない…といったことがありません。

そのため、人気機種は人気機種のまま変わらず末永くプレイ可能です。
また、新機種もどんどん増加しています。

しかし、末永くプレイ可能なゲームの代表と言えばテーブルゲーム。
カジノらしい王道のゲームは、やはり根強い人気を誇っています。
テーブルゲームにはルーレットやバカラ、ポーカーなどがあります。

そんな中、日本人に最も人気があるのは「ブラックジャック」では無いでしょうか。
この記事では何故ブラックジャックが日本人に人気なのか、考察していきたいと思います。

ブラックジャックは誰もが知っている

ブラックジャックは誰もが知っている
ブラックジャックが人気の理由の一つは、その高い知名度です。
日本人なら大抵、トランプの代表的なゲームとして誰でも知っています。

他に日本人に馴染みがあるゲームで、カジノでプレイ可能なゲームといえば「ポーカー」でしょうか。
しかし、日本人の認識の「ポーカー」とオンラインカジノでの「ポーカー」は勝手が違います。

オンラインカジノやカジノで単に「ポーカー」というと、「カジノホールデム」もしくは「テキサスホールデム」の事を指します。
どちらもプレイヤーと相手(ディーラー)には2枚のカードが配られ、その他に相手と共通に使用可能な5枚の表向きに置かれるカードを組み合わせて勝負します。

初めてライブカジノなどで「ポーカー」をプレイした方は、ルールに面食らうのではないでしょうか?

ルールを知っている人には常識ですが、「『アンティ』や『レイズ』といった良く分からない名目でお金を取られた…」と感じてしまうかもしれません。
日本人には聞きなれないルールですね。

因みに「アンティ」は参加費、「レイズ」は倍賭け、といった意味合いです。

一方で日本人の知っている「ポーカー」はカジノでは「ファイブカードドロー」と呼ばれます。
プレイヤーに5枚ずつカードが配られ、その後はカードを交換して役を作るゲームです。

オンラインカジノでプレイ出来るゲームで最も近いのは「ジャックスオアベター」です。
ブラックジャックには多くの派生形のゲームが存在しますが、「ジャックスオアベター」は「ポーカー」の中の派生形のゲームという形となります。
「ジャックスオアベター」にも派生はありますが、ブラックジャック程の数はありません。

また、ブラックジャックの場合はトランプゲームとカジノのゲームとでルールにギャップがありません。
殆ど同じ要領でプレイすることが可能です。

ルールがシンプルかつ戦略性が高い

ルールがシンプルかつ戦略性が高い
ブラックジャックのルールは「とにかく21を目指す」「22以上の数値になったら負け」といった形で、単純明快です。
ルールがシンプルなゲームではカジノの王様と呼ばれる「バカラ」があります。

バカラは下一桁の数値が高い方(「9」に最も近い方)が勝ち、というブラックジャックに近いルールです。
プレイヤーは勝負が「勝ち」か「負け」か「引き分け」かを、予測して賭けます。

ルール自体はブラックジャックと同じ位シンプルですが、戦略性がありません。
ブラックジャックは自分の判断でカードを追加するか否かを判断することが可能ですが、バカラは勝手にゲームが進んでいきます。

また「バカラ」自体、日本人には馴染みのないルールでしょう。
ルーレットのような運の要素だけでなく、「自分で選択する」といった判断で戦略性が高いことがブラックジャックの人気の一つではないでしょうか。

ベーシックストラテジーが存在する

ベーシックストラテジーが存在する

ブラックジャックには「ベーシックストラテジー」というものが存在します。
「ベーシックストラテジー」は簡単に言うと、どんな状況でカードを引くか引かないかを判断する指針です。

例えば「最初にA・A、もしくは8・8の組み合わせのカードが来たら2組に分ける」「ディーラー(相手)のオープンカードが6で、こちらのカードの数値の合計が10ならダブルアップする」といった内容です。
要は最適手ですね。

非常に有名なので、インターネットで検索すればすぐに見つけることが出来ます。
更に、ベーシックストラテジーを書いたメモなどを見ながらプレイすることを禁止しているカジノもありますが、オンラインカジノではそんなことはありません。

堂々と「ベーシックストラテジー」という名の攻略法を見ながらプレイすることが可能なのです。
この要素はかなり大きいのではないでしょうか?

まとめ

いかがでしたか?
ブラックジャックが日本人に人気の秘密について考察しました。

やはり知名度の高さが人気の一端を担っているといえるでしょう。
加えて、ゲームとしてもギャンブルとしても全てにおいて完成していることが、非常に大きいのではないのでしょうか?

ベラジョンカジノで新しく採用された入金方法

オンラインカジノを遊ぶときは、入金は必須事項になります。 
様々な入金に対応しているベラジョンカジノですが、新たに2つの新しい入金方法の利用ができるようになりました。

新しく採用された入金方法の1つは、「Much Better」で、もう1つは、「Point Cup」です。
いずれも、10ドルの入金から2,500までの入金に対応しています。

この新しい入金方法について解説をしていきます。

Much Betterとは

Much Betterとは

「Much Better」は一言で言えば「E-wallet」、つまり電子決済サービスの一つです。
特徴的なのは、電話番号発信通知を認証に利用する点です。

暗証番号などのデータを入力する必要がなく、個人情報が洩れる心配も少ないと言えます。
同時に発信者番号の通知のみで決済が完了するという手軽さも特徴の一つです。

また、携帯端末にアプリをダウンロードして利用するので、これまでの電子決済サービスとは少し異なる利用法となります。
入金はクレジットカードと仮想通貨に対応しています。

Much Betterを運営する企業

「Much Better」を運営する企業はイギリスの「MIR Limited UK Ltd」という企業です。
「Much Better」は2017年にそのサービスの運用を開始、イギリスの金融行為監督機構(FCA) により電子マネー機関(EMI)として認可を受けている企業です。

イギリスの公的機関の許可を得て運営を行うと同時に、金融行為監督機構(FCA)の規制を受ける立場にもあるので信用度は高いと言えます。

Much Betterの利用にあたって

「Much Better」を利用するために利用登録を行う必要があります。
先ずは、アプリのダウンロードです。

このアプリがないと利用できません。
アプリはApp Storeまたは、Google Playストアでダウンロードができるのでいずれのユーザーであっても利用が可能です。

ダウンロードしたアプリを利用し「Much Better」に口座を開設します。
「携帯番号」・「通貨」・「氏名」・「メールアドレス」・「生年月日」・「住所」を登録し、携帯電話で認証を受ければ完了し、利用が可能になります。

Point Cupとは

Point Cupとは
「Point Cup」も電子決済サービスの一つです。

「Much Better」が「ecoPayz」に近いサービスなのに対して、「Point Cup」は、「Venus Point」に近いサービスと言えるかもしれません。

最大の特徴はコンビニを利用しての入金やPay-easy(ペイジー)を利用しての入金が行える点です。
そして、出金には対応していないのも特徴の一つです。

出金の際は、「ecoPayz」や「Venus Point」の利用が不可欠となります。

また「Point Cup」は、その利用のために併せて、「WaFa」の利用登録も必要となります。
わかりやすく解説すれば「Point Cup」は入金、「WaFa」は日本円からドルへの両替を担当、オンラインカジノへの送金は再び「Point Cup」が担当するという複雑な流れがあります。

端的に言えば、コンビニやPay-easy(ペイジー)を利用できる入金専用のサービスと言えるものです。

Point Cupを運営する企業

「Point Cup」を運営する企業は香港の「Nation Gain Limited」という企業です。
一方、両替えを行う「WaFa」はシンガポールの「PMC Pte. Ltd.」という企業が運営をしています。

残念なことに運営企業の詳細情報は十分にありません。
この点も「Venus Point」に近いと言えます。

現在のところ入金時のトラブルなどの情報もないので問題なく利用できるといえます。

Point Cupの利用にあたって

「Point Cup」の利用登録と「WaFa」の利用登録の2つの登録が必要になります。
「Point Cup」への登録は、「氏名」・「メールアドレス」・「パスワード」を登録するだけのいたって簡便なものです。

また、「WaFa」への登録も「メールアドレス」・「氏名」・「生年月日」・「携帯番号」のを入力するだけで利用登録が完了します。
2つの登録が完了すれば利用が可能になります。

ecoPayzやVenus Pointとの比較

ecoPayzやVenus Pointとの比較
「Much Better」は運営する企業においても「ecoPayz」同様に信用のおける企業が運営を行っているので安心して利用ができます。
しかし、入金方法がクレジットカード入金と、仮想通貨による入金なので、すでにクレジットカード入金も仮想通貨入金にも対応しているベラジョンカジノで便利なのかといえば、利便性が高いとは言えません。

ただし、認証のシステムが携帯端末を利用し、しかも発信者番号で取引が完了するという点は、情報の漏洩を防ぎ且つ、効率的であるという側面があります。

一方、「Point Cup」の利便性は、コンビニ入金とPay-easy(ペイジー)に対応している点です。
クレジットカードを持っていなくても利用ができるメリットがあります。

しかし、出金に対応していないのは不便さがあるのも事実です。
結局のところ、「ecoPayz」や「Venus Point」を利用しなければならないと考えれば、優位性がないと言えます。

同時に送金時の手続きが面倒であるという現実もあります。
「Point Cup」・「WaFa」と2つのサービスを経由するので手間がかかる現実があるのです。

ベラジョンカジノの新しい入金方法のまとめ

ベラジョンカジノにおいて入金することのできる方法が増えることは、サービスの向上という側面を含め非常にありがたいことです。
ユーザーにとって複数の選択ができるということは、何かの際に異なる選択を行うことができるからです。

新規に導入された入金方法はこれまでの入金方法と比較をして、大きく秀でた側面があるとは言えません。
「Much Better」においては、送金の簡便さ、情報の保護といった側面でのメリットを感じますが、「Much Better」への入金方法がクレジットカードと仮想通貨では、これまでの入金方法との差別化ができていないことになり、優位性を感じることができません。

また、「Point Cup」のコンビニ入金とPay-easy(ペイジー)での入金には魅力がありますが、利用時の手間が障害となると言えます。
利用方法が簡素化されれば魅力が向上しますが現状ではこれまで利用できた入金方法に勝るとは言えません。

便利な電子決済サービスのペイトラ

便利な電子決済サービスのペイトラ

最近の娯楽やエンターテインメントは自宅でも楽しめるものが増えてきました。
エンターテインメントとして有名なカジノも例外ではなく、最近では自宅で簡単に本場の雰囲気が味わえるオンラインカジノが多くなってきています。

このオンラインカジノは海外のカジノが運営をしており、日本人でも安全に遊べるので便利です。
このオンラインカジノは最近でも無料プレイが増えてきているのですが、しかし本質はやはりお金を賭けて遊ぶ部分なので、そこで入出金の手段が必要になってきます。

今回はオンラインカジノの入出金手段として新しいペイトラというサービスを紹介していきます。

オンライン決済サービスのペイトラ

オンラインカジノを利用する際にはオンライン決済サービスがあると非常に便利です。
入金はもちろんのこと大きく勝つ可能性があるので、そのお金をスムーズに出金できるオンライン決済サービスは必要不可欠となります。

オンラインカジノで使われる電子決済サービスとしてはエコペイズやアイウォレットが有名ですが、最近できた新しいものとしてはペイトラが人気になってきています。

オンライン決済サービスなどは国内外でも色々なものがありますが、海外のオンラインカジノを利用する際には国際的なオンライン決済サービスを利用することが多くなります。
そこで気になってくるのが手数料と口座管理料です。

特に国際的な送金となると手数料が掛かることも多いので、気軽に入出金をすることがやりにくくなるのは悩ましい点であります。
しかしペイトラはこの各種の手数料が安かったり無料であることが多いことで人気が出てきました。

この各種手数料の安さは非常に魅力的なのですが、しかし注意するべき点がいくつかあります。
まずこのペイトラが使えるオンラインカジノは3種類と限られていることは知っておきましょう。

ペイトラ自体はジパングカジノ、777babyカジノ、カジノジャンボリーの専用オンライン決済サービスとして作られたので、これらのオンラインカジノでしか使えません。
この3つはいわゆるジパングカジノグループであり、オンラインカジノでもかなり有名で安全な経営をしているのでこの点は問題ありません。

それでもオンラインカジノはどのお店も魅力的なものが多いので、まずはこの該当するジパングカジノの雰囲気を確かめてみてから、実際に遊ぶ際にペイトラに加入するといいでしょう。

ペイトラの手続きについて

ペイトラの手続きについて

ペイトラの手続きはまず公式サイトにいって新規無料登録ボタンをクリックします。
最初に確認用のメールアドレスを記入すると、返信メールが来るのでここに記載されたアドレスから利用者登録手続きページへと進みます。

この後は基本情報として住所、氏名、生年月日、電話番号、そして口座番号を入力します。
ペイトラの入金は銀行口座を利用するものとなっているので、ここで銀行口座の記入が必要となります。

利便性を考えるとオンラインバンキングのものを利用するのもいいでしょう。
基礎情報を記入して不備がなければ送信をしましょう。

その後登録完了のメールが来れば無事に終了となります。
かなり簡単な作業となるので5分ほどあれば終わると思います。

ペイトラに関してはこの最初の登録時に本人確認書類を提出する必要があります。
写真付きの本人確認書類が必要になりますので、あらかじめアップロードできるようにしておきましょう。
免許証など裏面がある場合には表面と合わせての提出が必要になるので気を付けましょう。

ペイトラの使い方

ペイトラの使い方ですが、まず入金に関してはペイトラのサイトにある入金ページに行って「Paytraに入金」ボタンを押します。
ここで入金先のペイトラの銀行口座が表示されますが、この口座への振り込みは最初に登録をした自分の口座を使うことになります。

こういった事情から24時間営業をしているネットバンキングは、自宅にいながらでも簡単に手続きができるのでとても便利なのでおすすめです。
自分の口座に日本円で振込をするとしばらくしてペイトラに入金が反映されます。

自動的に日本円からドルになるので分かりやすいのもメリットです。
ペイトラに入金されたら今度は該当するジパングカジノの系列店に送金をすることができます。

ペイトラの出金に関してはまず該当するカジノの出金手続きページに行きます。
こちらの引き出しのページには出金先の選択肢があるので、ここでペイトラを選択しましょう。

送金先のペイトラの情報を選択したら手続きが完了するので、ペイトラ口座の反映までしばらく待ちましょう。
無事にペイトラ口座に送金が反映されたら、次に自分の銀行口座へと送金をすることができます。

こちらも手続きに従っていくだけで大丈夫なので、後は口座に反映するまで待ちましょう。

ペイトラの使い方

使うお店が限られているが便利な決済サービス

ペイトラはジパングカジノ系列の3店しか使えませんが、その分手数料などが安かったり無料になるというメリットがあります。
この3つのオンラインカジノを利用するならばメリットの方が大きいので、ペイトラを使うのをおすすめします。

億万長者への近道となるギャンブル

カジノゲームがベース

カジノゲームがベース

オンラインカジノは世界で大人気のギャンブルで、昼夜関係なく世界中多くのプレイヤーがゲームに資金を投じています。
オンラインカジノは、ラスベガスやマカオなどにあるカジノ店をそのままオンライン上に移したような、豪華な演出や高額賞金が魅力のギャンブルです。

その名前の通り、オンラインカジノはカジノゲームをベースにしています。
カジノ店では定番となっているポーカーやブラックジャック、バカラ、スロットマシーンなどをオンライン上で実際にお金を賭けて楽しむことができます。

オンラインカジノはパソコンからの利用が基本となっていますが、オンラインカジノによってはスマートフォン、タブレットからのゲームプレイも可能となっていて、好きなタイミングでスマートフォンなどからオンラインカジノにアクセスし、すぐにギャンブルを楽しむことが出来ます。

そして、オンラインカジノは一般的なカジノ店とは違い、店舗を持たないオンライン上のギャンブルであるため営業時間がありません。
アクセスするだけで24時間いつでもギャンブルに興じることができ、しかも365日年中無休で運営しているので休業日を気にすることなく利用することができます。

こうした他のギャンブルにはない利用のしやすさなどから、オンラインカジノは世界で大人気のギャンブルとなっています。

20億円を超える高額賞金の獲得が可能

20億円を超える高額賞金の獲得が可能

オンラインカジノはオンラインを利用したギャンブルでありながら、実際のカジノに負けないくらいの高額賞金を用意しています。
その金額を日本円にすると、なんと20億円を超えます。

日本でもっとも賞金の高いギャンブルである宝くじの場合でも、最大で10億円程度の賞金しかもらえません。
オンラインカジノならば、その宝くじをはるかに超える賞金を獲得することが可能なので、まさに一攫千金の夢のあるギャンブルだと言えるでしょう。

オンラインカジノでこうした高額賞金を得る近道としては、スロットマシーンでのプレイが挙げられます。
オンラインカジノのスロットマシーンの中には、ジャックポットというシステムを搭載している機種があります。

ジャックポットというのは、プレイの度にその金額の一部が積み立てられていくシステムのことです。

積み立てられた賞金が吐き出される条件はもちろん明らかにされていませんが、現在ジャックポットの金額がどのくらいになっているのかについては、各オンラインカジノのサイト上から知ることができます。
ジャックポット搭載機種は複数存在しているので、一攫千金を狙うのであれば、もっともジャックポットの額が高額になっているスロットマシーンを選んでプレイすると良いでしょう。

ですが、こうした高額賞金を獲得できる可能性は限りなく低く、お金を費やすだけ無駄だと考える方もいらっしゃるでしょう。
確かに20億円を超える高額なジャックポットを引き当てられる可能性はかなり低いですが、オンラインカジノのペイアウト率は日本のギャンブルと比べ遙かに高くなっています。

ペイアウト率というのは、ギャンブルに使ったお金のうちいくらが戻って来るかを示すパーセンテージのことです。

日本の宝くじのペイアウト率は40%となっていますが、オンラインカジノのペイアウト率はゲーム全体で97%という驚きの高さとなっています。
ギャンブルで一攫千金を夢見るのならば、宝くじよりもオンラインカジノのスロットマシーンに賭けた方がベターだと言えるでしょう。

海外政府の認可を受けている安全なギャンブル

海外政府の認可を受けている安全なギャンブル

個人情報の流出・不正アクセス・不正操作など、オンラインサービスとそうした問題点は切っても切れない関係にあります。
ではオンラインカジノも同様なのかというとそれは違います。

オンラインカジノはオンラインサービスの安全性に関する問題をしっかりとクリアし、誰もが安全に利用できるギャンブルサービスを提供しています。
そもそも、オンラインカジノはその運営を海外政府により認められています。

オンラインカジノを正式に運営するには海外政府発行のライセンスが必要となります。
このライセンスはただお金を支払えば得られるようなものではなく、運営会社のこれまでの実績から使用するゲームのソフトウェアの安全性に至るまで、多くの審査に合格しなければ得ることができません。

また、ライセンスを取得した後も海外政府による監視が続くので、その後に不正等が見つかると即ライセンスを剥奪され運営停止となってしまいます。
これは逆に言えば、現在海外政府発行のライセンスを取得し運営しているオンラインカジノは安全であるということになります。

そして、こうした海外政府による監視に加えて、オンラインカジノの多くは自らの高い安全性を示すために、第三者監査機関に定期的な監査を依頼しています。
オンラインカジノのサイト上には、各ゲームごとのペイアウト率が掲載されている場合がありますが、これは運営会社が調べたものではなく第三者監査機関が調べているものですので、そのパーセンテージは疑う余地のない信頼できるものと言えます。

簡単な着手準備で始められるギャンブル

高いペイアウトが魅力のオンラインカジノは、日本国内だけではなく世界中にユーザーを抱えているという点に於いては、国際的娯楽コンテンツと呼ぶに相応しいものです。

ユーザー数も劇的に増えている点や、知名度の高まりから日本でもユーザーが増えている一方で、これからオンラインカジノを楽しんでみたいと考えている人もいるのではないでしょうか。

そこで、オンラインカジノを始めるためには何を用意すればよいのかについてチェックしてみるとしましょう。

アカウントの開設

アカウントの開設

オンラインカジノを始めるにあたっては、まずはオンラインカジノのアカウントの開設です。
オンラインカジノはそれぞれ異なる業者が運営していますので、オンラインカジノを楽しむ際にはアカウントを開設するのですが、アカウントの開設もまた、オンラインカジノ業者によってそれぞれ微妙に異なります。

時間、日本語でのサポート、提出するものなど、微妙に異なるのですが、大なかな流れとしては、オンラインカジノに登録後、本人確認をします。

本人確認をする目的としては、オンラインカジノはギャンブルですので年齢制限があります。
いくらインターネット上とはいえ、年齢制限のあるサービスである以上、オンラインカジノ業者側としてもその点をしっかりと確認しておかなければなりません。

もしもですが、未成年を遊ばせていたとなれば、未成年ユーザー以上に、未成年ユーザーを遊ばせていたオンラインカジノ業者側の責任が問われることになりますので、その点はオンラインカジノ業者側としても徹底しています。

また、マネーロンダリングを懸念している部分もありますので、年齢制限は基本的にどのオンラインカジノでも行われています。

送金サービスへの登録

送金サービスへの登録

これがオンラインカジノを楽しむに当たって、多くの人が「ハードルが高い」と思ってしまう部分です。
オンラインカジノへのアカウントに登録したら、オンラインカジノのアカウントに軍資金を入金しなければなりません。

オンラインカジノの中には無料で楽しめる「デモプレイ」を用意してくれている所もあります。
気軽に遊べる一方で、あくまでも無料になりますのでどれだけ勝利を得たとしても利益にはなりません。

利益を得るためには、実際にお金を掛ける必要がありますので、オンラインカジノのアカウントに入金することになるのですが、国内銀行からの送金は基本的にはできません。

国内銀行からオンラインカジノへの送金はほぼ対応していませんので、入金に関しては送金サービスか、あるいはクレジットカードを利用することになります。
入金に際してはクレジットカードの方が手軽ですし、クレジットカードさえあれば別に送金サービスなどいらないのではないかと考えるユーザーもいるかもしれません。

しかし、それでもやはり送金サービスへの登録は不可欠です。
なぜなら、オンラインカジノには入金だけではなく、「出金」という操作も必要になるからです。

オンラインカジノを楽しんで得た利益を手元にと思ったら、オンラインカジノのアカウントにある自分の利益を自分の口座まで届けなければなりません。
その際、多くのオンラインカジノでは送金サービスを利用することになりますので、アイウォレット、エコペイズといった定番の送金サービスを活用しているオンラインカジノユーザーが多いです。

実はこれだけでオンラインカジノを楽しめる

アカウントの開設や送金サービスに関して、面倒だと思う方もいるかもしれませんが、オンラインカジノを楽しむにあたっては、これだけです。

多くのオンラインカジノではこれだけで楽しめるようになりますし、送金サービスに関しては様々なオンラインカジノに対応していますので、送金サービスは一度登録しておけば、以降、様々なオンラインカジノを楽しめるようになるので、何度も何度も登録が必要なものではありません。

端末に関して

端末に関して

オンラインカジノを楽しむにあたっての大前提として「ネット環境」が求められますが、既に誰もが当たり前の様にインターネットを利用している時代である以上、この点に関してはわざわざ指摘する必要はないでしょう。

かつてはパソコンから楽しむ形式が一般的でしたが、スマートフォンの普及によりスマートフォンやタブレットから楽しめるオンラインカジノも登場しています。
中には登録から入金操作等まで全てスマートフォンで行えるオンラインカジノも登場していますので、パソコンさえも「必須」ではなくなりつつあります。

まとめ

オンラインカジノの始め方は決して難しいものではありません。
日常生活の中では送金サービスを利用する機会がないので、送金サービスに関しては馴染みが無い分、ハードルが高いのではと思ってしまう人もいるかもしれません

しかしながら、送金サービスに関しても日本語に対応している所がありますし、使い方としても決して難しい訳ではありませんので、オンラインカジノは「手軽に始められるコンテンツ」と言ってよいでしょう。

資金の流れ方が法的規制の対象

オンラインカジノが抱えている社会的問題

オンラインカジノはいくつかの社会的な問題点を抱えています。

そもそもオンラインカジノは、世界中で人気のギャンブルとして広がっていますが、日本ではまだそれほど浸透していません。
ただ、どんどんネットとともに普及しつつあるので、多くの問題点が浮上しているのです。

そんなオンラインカジノの社会的な問題点の一つとして、まずはギャンブル依存症の問題があります。
オンラインカジノは、勝ち負けのリターンの差が激しいという特徴があります。

ギャンブルはこの勝負のリターンの差が大きければ大きいほど、この快楽が大きいと言われています。
オンラインカジノは、このようにギャンブル依存症になってしまいやすいと言われていて、実際に多くの患者が続出していると言われています。

オンラインカジノは、またスパム広告などの問題点も抱えています。
一部の悪質なウェブオーナーによって、スパム広告が無差別に送りつけられるというケースが後を絶ちません。

このようなスパム広告のせいで、オンラインカジノの社会的なイメージが悪くなってしまっています。
これは非常に残念なことですが、抜本的な打つ手は存在せず、受け取り側が設定をして拒否をするしか方法がありません。

オンラインカジノが抱えている社会的問題

登録と払い戻しについて

オンラインカジノへの登録ですが、まずは遊びたいカジノを選ぶところから始まります。
世界には数多くのオンラインカジノがありますが、中でも優良とされているオンラインカジノを選ぶようにしましょう。

オンラインカジノの登録についてですが、まずはアカウントの作成を行います。
この際、アカウントの登録はローマ字で行う必要がある点に注意です。

ローマ字で入力する際ですが、ヘボン式なら統一する必要があります。
くれぐれも住所の入力間違いをしないようにしましょう。

そして、登録が済めば、実際にゲームをすることが出来ますし、ゲームでもしも勝利をした場合には、お金を払い戻しすることが出来ます。
払い戻しの際には、オンラインカジノ側に身分証明書が求められますので、用意をしておきましょう。

本人確認書類ですが、主にパスポートや、その他運転免許証等が必要です。
場合によっては、住所などの記載が必要なので、公共料金の明細書も用意しておくと良いでしょう。

あとは、オンラインカジノのライセンス上の規約の関係で、収入証明書などが必要になることもあります。
その場合には、サポートに問い合わせるようにしましょう。

カジノカフェの摘発や逮捕

カジノカフェの摘発や逮捕

オンラインカジノは、法律的にはグレーゾーン的な位置づけとなっていますが、海外では合法的な存在です。
したがって、オンラインカジノで遊んでいるプレイヤーが直ちに逮捕されてしまったりすることはありません。

しかし、そんな中でも完全に違法なものとして扱われるのがカジノカフェです。

カジノカフェは100%摘発の対象となっている違法な店舗です。
カジノカフェは、オンラインカジノを店舗内で提供している違法なお店です。

繁華街でひっそりと営業を行っていて、そして店舗内で、オンラインカジノの精算が行われています。
暴力団の資金源となっているという噂もあり、オンラインカジノ側と店舗でやり取りが行われ、利益を折半しています。

オンラインカジノは、海外で運営されていて、そのサーバーも海外にありますが、カジノカフェは店内でお金のやり取りが行われており、これは賭博罪に該当します。

全国でカジノカフェの摘発が相次いでおり、店に足を踏み入れるだけで逮捕されてしまうリスクがあります。
また、カジノカフェは、安全に運営されているとは言えず、イカサマや、詐欺が行われている可能性は高く、プレイヤーが勝つことが出来なかったり、勝ち金を誤魔化されてしまう可能性もあります。

このようなカジノカフェが全国的にひっそりと営業されているのは社会問題の一つです。

これからのオンラインカジノの行く末

これからのオンラインカジノの行く末

オンラインカジノは、今までグレーゾーン的な位置づけとされてきて、専門家の間でも意見が割れている状態でした。
日本ではカジノ法案が設立されたこともあり、このオンラインカジノについても正式に法律で許可されるのではないかと考えられてきました。

しかし、カジノ法案が成立してからも、オンラインカジノに関する法律は出来ず、なんら言及はなされていない状態です。

ただ、オンラインカジノについては慎重に考えていくという話し合いはなされており、禁止にもされていないという状態です。
したがって、オンラインカジノは、合法でもなければ、違法でもないという現状の状態が今後も続いていくのではないかと考えられています。

一部の予測では、世界中でオンラインカジノが解禁されるに従って、様子を見ながら日本国内でも解禁するのではないか、いまは様子見の段階で、法律で禁止としない状態で止めているのではないかと予想されています。

いずれにしてもオンラインカジノは、法律で禁止とされたわけではありませんので、安心して遊べます。