比較で見るオンラインカジノの信頼性

同じカジノはカジノでも、全く違うと言ってもいいほど違いのあるオンラインカジノとランドカジノ。
では、この両者には、どのような違いがあるのでしょうか。

利用する事ができる場所の違い

まず、ランドカジノの場合、ラスベガスやマカオなどといった決められて場所に行かなければカジノを楽しむ事はできないものとなります。
また、こういった限られた場所だけで利用できる状態なので、今現在の日本ではランドカジノを運営する事も利用する事も出来ません。

一方、オンラインカジノの場合、店舗のないカジノとなります。
すべてオンライン上で楽しむものとなる為、どこかに出向きカジノを行うと言う事ではなく、パソコンやスマホの画面上で行うものとなります。
その結果、パソコンやスマホさえあれば、どこでもカジノを楽しむ事ができると言えるのです。
また、閉店時間や開店時間などもない為、24時間365日いつでも楽しむ事ができるようになっています。

違法性の違いについて

ランドカジノの場合、その国に認められた場所のみカジノを営業する事が可能になります。
また、日本人も、その場所に行きカジノをする事は違法ではなく、多くの日本人がラスベガスやマカオに行きカジノを楽しんでいます。

一方、オンラインカジノの場合、日本国内でも利用する事ができると言うことで、違法にならないか不安に思われる人も少なくありません。
確かに日本国内でカジノの場合、営業する事も利用する事も違法行為となります。
その為、一見、オンラインカジノも見つからないだけで違法行為ではないかと思われる事も少なくありませんが、それは大きな間違いです。

オンラインカジノの場合、今現在日本国内で取り締まる法律はありません
その為、悪い事を隠れて楽しんでいるというような考えをする必要はなく、安心して楽しむ事が可能です。

お金の出し入れ方法の違い

ランドカジノの場合、その場でお金を賭け、勝てばお金を手にすることができ、目の前でお金の出し入れを行う事ができるため、安心かと思います。
言葉の壁も気になりますが、大抵の場合その場での指示通り行えば、現金さえあれば、誰でもランドカジノを楽しむ事は可能になっています。

一方、オンラインカジノの場合は、目の前にディーラーなどはいません。
また、直接、カジノのスタッフに会う事もありません。
その為、お金の出し入れが気になる点となりますが、オンラインカジノの場合、電子決済サービスを利用する事で簡単に問題を解決する事が可能です。
中には、クレジットカードを利用する事が可能なオンラインカジノもありますが、最近、クレジットカード会社の方がオンラインカジノへの入金を拒否する流れもあり、急に利用する事ができなくなることもあります。
そういった事を考えると、初めから電子決済サービスを利用する事がお勧めです。

電子決済サービスとは、簡単に言えばオンラインカジノ専用の口座のようなもの。
そこにお金を入金する事でオンラインカジノにそのまま、入金する事ができるほか、勝った賞金はその電子決済サービスに入金してもらい、そこから自身の銀行口座を介して現金を手にすることが可能になります。
電子決済サービスには、ecoPayz(エコペイズ)・iWallet(アイウォレット)などがあります。
場合によっては、利用する事ができる電子決済サービスが限定されているオンラインカジノもある為、初めに確認しておくと安心です。

安全性には違いなし!

そして、最も気になるとも言える安全性についてですが、ランドカジノとオンラインカジノにおいて、安全性の違いはまったくありません。
実際、相手の顔を見て行う事ができないオンラインカジノと言うことで運営側に対する不安要素を考える人も多いようです。
しかし、オンラインカジノの中には、ランドカジノの運営も行っているところもあり、その分、信頼できると言えるところも少なくありません。

また、オンラインカジノを運営するためには、各国が発行するライセンスを取得しなければ、営業する事は出来ません。
そのライセンスは簡単に取得する事は出来ず、資本金の審査やその企業の経営状況など細かく確認される為、ライセンスを取得する事ができた企業が運営するオンラインカジノは、まず、安心して利用しても大丈夫だと言えます。

このような事から、オンラインカジノもランドカジノ同様、安心してお金を賭け楽しむ事ができる場所となります。

まとめ

以上がオンラインカジノとランドカジノの違いとなります。
同じカジノはカジノでも、利用する事ができる場所に大きな違いのある両者。
言い換えれば、それ以外に大きな違いはなく、オンラインカジノでもランドカジノ同様に様々なカジノで楽しむ事が可能です。
と言うよりも、ランドカジノ以上のゲーム数を誇るオンラインカジノが多く、毎日でも飽きずに楽しむ事ができると言う点が大きな魅力となっています。

ただし、その分、自分自身で予算を決めるなどと言った強い意志は必要になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です