ネットカジノを違法だと勘違いしている人が多いその理由と真相は?

ネットカジノはPCはもちろんのこと、スマホからでも気軽に楽しめるタイプも登場していることから身近なエンターテイメントとして親しまれています。
一方で、一つの疑念を抱いている人もいるのではないでしょうか。

そうです、「違法性」です。
日本の法律ではギャンブルは違法です。
それだけに、ネットカジノに関しても違法だと考えている人もいるようですが、ネットカジノは違法なのかについて、いろいろと掘り下げてみました。

ネットカジノは違法?

ネットカジノは違法?
ネットカジノを違法だと考えている人が多いのは分からない話ではありません。
日本国内に於いて、ギャンブルは違法です。例え友達同士で軽い気持ちで賭けをしたとしても賭博罪に問われます。
日本国内にて許されているギャンブルは競馬や競艇といった公営ギャンブルのみ。

パチンコに関しては三店交換式とすることでグレーゾーンとされているほど。
このように、ギャンブルに関しては少々厳しい法律がありますので、ネットカジノに関しても違法だと考える人がいても不思議ではありません。

しかし、これはあくまでも国内の話です。
ネットカジノはオンライン上。
オンライン上にはオンライン上の法律解釈があります

オンライン上の法律の解釈とは?

ネットカジノに限らず、オンライン上の法解釈はサーバーが置かれている国の法律に準拠する形式が一般的です。
インターネット・オンラインの世界は、手元の操作だけで海外のページにアクセスが可能ですが、もう少し掘り下げると、海外のページを閲覧する際には海外のサーバーにPCやスマホでアクセスし、海外のサーバーを通して海外のサイトを閲覧しています。
体そのものはどこにも移動していませんが、データだけは海外まで移動しているのです。

そのため、法律的な解釈としてはサーバーのおかれている国に準拠します。
これは海外旅行と同じ原理です。
海外旅行の場合も現地の法律に準拠するものです。
例えば日本人がアメリカに海外旅行をすれば、アメリカにいる間にはアメリカの法律の下での行動が求められます。
日本ではギャンブルは違法ですが、アメリカの州によっては合法なので、合法の州でギャンブルを楽しんだとしても法に問われることはありません。

ネットカジノも理屈は同じです。
海外のサーバーを通して遊んでいるので、体そのものが日本にあるとしても、法律は海外、サーバーが設置されている国に基きます。

ネットカジノのサーバーは?

ネットカジノのサーバーは?
ここでポイントとなるのがネットカジノのサーバーがどこに置かれているかです。
サーバーの置かれている国の法律に準拠するとしても、日本に置かれているネットカジノであれば違法になります。
しかし、この点も問題ありません。
なぜなら、ネットカジノはそのすべてが海外のサーバーです。

そもそも、ネットカジノの業者は海外の業者です。
海外でライセンスを受けた業者がネット上でカジノという業態にてサービスを展開しています。
決して日本人だけにサービスを展開している訳ではなく、あくまでも「世界のユーザー」に向けてサービスを展開しています。
日本語が表示されているのも、日本人ユーザーも対象の一つとしているのであって、ネットカジノのユーザーは世界中に存在しています。

このように、ネットカジノはカジノが合法の国のサーバーにて運営されていますので、海外旅行同様、日本人がネットカジノを楽しんだとしても違法ではないことが分かります。

ネットカジノは違法ではないからこそ盛り上がっている

ネットカジノは違法ではないからこそ盛り上がっている
ネットカジノは今では数えきれないほどのものとなっています。
仮のですが、ネットカジノが違法であればここまで増えてはいないでしょう。

また、日本人ユーザーも増加傾向にあるとされていますが、こちらも違法ではないからこそです。
特に昨今は、一般的なサイトであってもネットカジノの広告を見かけるケースも増えています。
それだけネットカジノが身近な存在となっているからこそですが、根底に違法ではない点が挙げられます。

確かに日本国内のギャンブルは違法ですが、ネットカジノはそもそも国内のギャンブルではありません。
インターネットがない時代には、まさか日本国内で違法ではあっても海外では合法なものを国内にいながらにして楽しむことなどできませんでした。

しかしインターネットのおかげでそれも可能になりました。
つまり、まだまだ法律が追い付いていない部分もあるのですが、ネットカジノを違法だと思っているひとがいれば、それは誤解であることが分かるのではないでしょうか。

ネットカジノは違法ではないので思う存分楽しもう!

ネットカジノが違法なのかについて見てみると、ポイントとしてはサーバーの置かれている国がどこなのかという点です。
そして、日本のサーバーで運営しているネットカジノはありません。
真っ当に運営しているネットカジノはすべてカジノが合法の国・エリアのサーバーにて運営していますので、ネットカジノの違法性はさほど意識する必要はありません。

ベラジョンカジノで新しく採用された入金方法

オンラインカジノを遊ぶときは、入金は必須事項になります。 
様々な入金に対応しているベラジョンカジノですが、新たに2つの新しい入金方法の利用ができるようになりました。

新しく採用された入金方法の1つは、「Much Better」で、もう1つは、「Point Cup」です。
いずれも、10ドルの入金から2,500までの入金に対応しています。

この新しい入金方法について解説をしていきます。

Much Betterとは

Much Betterとは

「Much Better」は一言で言えば「E-wallet」、つまり電子決済サービスの一つです。
特徴的なのは、電話番号発信通知を認証に利用する点です。

暗証番号などのデータを入力する必要がなく、個人情報が洩れる心配も少ないと言えます。
同時に発信者番号の通知のみで決済が完了するという手軽さも特徴の一つです。

また、携帯端末にアプリをダウンロードして利用するので、これまでの電子決済サービスとは少し異なる利用法となります。
入金はクレジットカードと仮想通貨に対応しています。

Much Betterを運営する企業

「Much Better」を運営する企業はイギリスの「MIR Limited UK Ltd」という企業です。
「Much Better」は2017年にそのサービスの運用を開始、イギリスの金融行為監督機構(FCA) により電子マネー機関(EMI)として認可を受けている企業です。

イギリスの公的機関の許可を得て運営を行うと同時に、金融行為監督機構(FCA)の規制を受ける立場にもあるので信用度は高いと言えます。

Much Betterの利用にあたって

「Much Better」を利用するために利用登録を行う必要があります。
先ずは、アプリのダウンロードです。

このアプリがないと利用できません。
アプリはApp Storeまたは、Google Playストアでダウンロードができるのでいずれのユーザーであっても利用が可能です。

ダウンロードしたアプリを利用し「Much Better」に口座を開設します。
「携帯番号」・「通貨」・「氏名」・「メールアドレス」・「生年月日」・「住所」を登録し、携帯電話で認証を受ければ完了し、利用が可能になります。

Point Cupとは

Point Cupとは
「Point Cup」も電子決済サービスの一つです。

「Much Better」が「ecoPayz」に近いサービスなのに対して、「Point Cup」は、「Venus Point」に近いサービスと言えるかもしれません。

最大の特徴はコンビニを利用しての入金やPay-easy(ペイジー)を利用しての入金が行える点です。
そして、出金には対応していないのも特徴の一つです。

出金の際は、「ecoPayz」や「Venus Point」の利用が不可欠となります。

また「Point Cup」は、その利用のために併せて、「WaFa」の利用登録も必要となります。
わかりやすく解説すれば「Point Cup」は入金、「WaFa」は日本円からドルへの両替を担当、オンラインカジノへの送金は再び「Point Cup」が担当するという複雑な流れがあります。

端的に言えば、コンビニやPay-easy(ペイジー)を利用できる入金専用のサービスと言えるものです。

Point Cupを運営する企業

「Point Cup」を運営する企業は香港の「Nation Gain Limited」という企業です。
一方、両替えを行う「WaFa」はシンガポールの「PMC Pte. Ltd.」という企業が運営をしています。

残念なことに運営企業の詳細情報は十分にありません。
この点も「Venus Point」に近いと言えます。

現在のところ入金時のトラブルなどの情報もないので問題なく利用できるといえます。

Point Cupの利用にあたって

「Point Cup」の利用登録と「WaFa」の利用登録の2つの登録が必要になります。
「Point Cup」への登録は、「氏名」・「メールアドレス」・「パスワード」を登録するだけのいたって簡便なものです。

また、「WaFa」への登録も「メールアドレス」・「氏名」・「生年月日」・「携帯番号」のを入力するだけで利用登録が完了します。
2つの登録が完了すれば利用が可能になります。

ecoPayzやVenus Pointとの比較

ecoPayzやVenus Pointとの比較
「Much Better」は運営する企業においても「ecoPayz」同様に信用のおける企業が運営を行っているので安心して利用ができます。
しかし、入金方法がクレジットカード入金と、仮想通貨による入金なので、すでにクレジットカード入金も仮想通貨入金にも対応しているベラジョンカジノで便利なのかといえば、利便性が高いとは言えません。

ただし、認証のシステムが携帯端末を利用し、しかも発信者番号で取引が完了するという点は、情報の漏洩を防ぎ且つ、効率的であるという側面があります。

一方、「Point Cup」の利便性は、コンビニ入金とPay-easy(ペイジー)に対応している点です。
クレジットカードを持っていなくても利用ができるメリットがあります。

しかし、出金に対応していないのは不便さがあるのも事実です。
結局のところ、「ecoPayz」や「Venus Point」を利用しなければならないと考えれば、優位性がないと言えます。

同時に送金時の手続きが面倒であるという現実もあります。
「Point Cup」・「WaFa」と2つのサービスを経由するので手間がかかる現実があるのです。

ベラジョンカジノの新しい入金方法のまとめ

ベラジョンカジノにおいて入金することのできる方法が増えることは、サービスの向上という側面を含め非常にありがたいことです。
ユーザーにとって複数の選択ができるということは、何かの際に異なる選択を行うことができるからです。

新規に導入された入金方法はこれまでの入金方法と比較をして、大きく秀でた側面があるとは言えません。
「Much Better」においては、送金の簡便さ、情報の保護といった側面でのメリットを感じますが、「Much Better」への入金方法がクレジットカードと仮想通貨では、これまでの入金方法との差別化ができていないことになり、優位性を感じることができません。

また、「Point Cup」のコンビニ入金とPay-easy(ペイジー)での入金には魅力がありますが、利用時の手間が障害となると言えます。
利用方法が簡素化されれば魅力が向上しますが現状ではこれまで利用できた入金方法に勝るとは言えません。

便利な電子決済サービスのペイトラ

便利な電子決済サービスのペイトラ

最近の娯楽やエンターテインメントは自宅でも楽しめるものが増えてきました。
エンターテインメントとして有名なカジノも例外ではなく、最近では自宅で簡単に本場の雰囲気が味わえるオンラインカジノが多くなってきています。

このオンラインカジノは海外のカジノが運営をしており、日本人でも安全に遊べるので便利です。
このオンラインカジノは最近でも無料プレイが増えてきているのですが、しかし本質はやはりお金を賭けて遊ぶ部分なので、そこで入出金の手段が必要になってきます。

今回はオンラインカジノの入出金手段として新しいペイトラというサービスを紹介していきます。

オンライン決済サービスのペイトラ

オンラインカジノを利用する際にはオンライン決済サービスがあると非常に便利です。
入金はもちろんのこと大きく勝つ可能性があるので、そのお金をスムーズに出金できるオンライン決済サービスは必要不可欠となります。

オンラインカジノで使われる電子決済サービスとしてはエコペイズやアイウォレットが有名ですが、最近できた新しいものとしてはペイトラが人気になってきています。

オンライン決済サービスなどは国内外でも色々なものがありますが、海外のオンラインカジノを利用する際には国際的なオンライン決済サービスを利用することが多くなります。
そこで気になってくるのが手数料と口座管理料です。

特に国際的な送金となると手数料が掛かることも多いので、気軽に入出金をすることがやりにくくなるのは悩ましい点であります。
しかしペイトラはこの各種の手数料が安かったり無料であることが多いことで人気が出てきました。

この各種手数料の安さは非常に魅力的なのですが、しかし注意するべき点がいくつかあります。
まずこのペイトラが使えるオンラインカジノは3種類と限られていることは知っておきましょう。

ペイトラ自体はジパングカジノ、777babyカジノ、カジノジャンボリーの専用オンライン決済サービスとして作られたので、これらのオンラインカジノでしか使えません。
この3つはいわゆるジパングカジノグループであり、オンラインカジノでもかなり有名で安全な経営をしているのでこの点は問題ありません。

それでもオンラインカジノはどのお店も魅力的なものが多いので、まずはこの該当するジパングカジノの雰囲気を確かめてみてから、実際に遊ぶ際にペイトラに加入するといいでしょう。

ペイトラの手続きについて

ペイトラの手続きについて

ペイトラの手続きはまず公式サイトにいって新規無料登録ボタンをクリックします。
最初に確認用のメールアドレスを記入すると、返信メールが来るのでここに記載されたアドレスから利用者登録手続きページへと進みます。

この後は基本情報として住所、氏名、生年月日、電話番号、そして口座番号を入力します。
ペイトラの入金は銀行口座を利用するものとなっているので、ここで銀行口座の記入が必要となります。

利便性を考えるとオンラインバンキングのものを利用するのもいいでしょう。
基礎情報を記入して不備がなければ送信をしましょう。

その後登録完了のメールが来れば無事に終了となります。
かなり簡単な作業となるので5分ほどあれば終わると思います。

ペイトラに関してはこの最初の登録時に本人確認書類を提出する必要があります。
写真付きの本人確認書類が必要になりますので、あらかじめアップロードできるようにしておきましょう。
免許証など裏面がある場合には表面と合わせての提出が必要になるので気を付けましょう。

ペイトラの使い方

ペイトラの使い方ですが、まず入金に関してはペイトラのサイトにある入金ページに行って「Paytraに入金」ボタンを押します。
ここで入金先のペイトラの銀行口座が表示されますが、この口座への振り込みは最初に登録をした自分の口座を使うことになります。

こういった事情から24時間営業をしているネットバンキングは、自宅にいながらでも簡単に手続きができるのでとても便利なのでおすすめです。
自分の口座に日本円で振込をするとしばらくしてペイトラに入金が反映されます。

自動的に日本円からドルになるので分かりやすいのもメリットです。
ペイトラに入金されたら今度は該当するジパングカジノの系列店に送金をすることができます。

ペイトラの出金に関してはまず該当するカジノの出金手続きページに行きます。
こちらの引き出しのページには出金先の選択肢があるので、ここでペイトラを選択しましょう。

送金先のペイトラの情報を選択したら手続きが完了するので、ペイトラ口座の反映までしばらく待ちましょう。
無事にペイトラ口座に送金が反映されたら、次に自分の銀行口座へと送金をすることができます。

こちらも手続きに従っていくだけで大丈夫なので、後は口座に反映するまで待ちましょう。

ペイトラの使い方

使うお店が限られているが便利な決済サービス

ペイトラはジパングカジノ系列の3店しか使えませんが、その分手数料などが安かったり無料になるというメリットがあります。
この3つのオンラインカジノを利用するならばメリットの方が大きいので、ペイトラを使うのをおすすめします。

億万長者への近道となるギャンブル

カジノゲームがベース

カジノゲームがベース

オンラインカジノは世界で大人気のギャンブルで、昼夜関係なく世界中多くのプレイヤーがゲームに資金を投じています。
オンラインカジノは、ラスベガスやマカオなどにあるカジノ店をそのままオンライン上に移したような、豪華な演出や高額賞金が魅力のギャンブルです。

その名前の通り、オンラインカジノはカジノゲームをベースにしています。
カジノ店では定番となっているポーカーやブラックジャック、バカラ、スロットマシーンなどをオンライン上で実際にお金を賭けて楽しむことができます。

オンラインカジノはパソコンからの利用が基本となっていますが、オンラインカジノによってはスマートフォン、タブレットからのゲームプレイも可能となっていて、好きなタイミングでスマートフォンなどからオンラインカジノにアクセスし、すぐにギャンブルを楽しむことが出来ます。

そして、オンラインカジノは一般的なカジノ店とは違い、店舗を持たないオンライン上のギャンブルであるため営業時間がありません。
アクセスするだけで24時間いつでもギャンブルに興じることができ、しかも365日年中無休で運営しているので休業日を気にすることなく利用することができます。

こうした他のギャンブルにはない利用のしやすさなどから、オンラインカジノは世界で大人気のギャンブルとなっています。

20億円を超える高額賞金の獲得が可能

20億円を超える高額賞金の獲得が可能

オンラインカジノはオンラインを利用したギャンブルでありながら、実際のカジノに負けないくらいの高額賞金を用意しています。
その金額を日本円にすると、なんと20億円を超えます。

日本でもっとも賞金の高いギャンブルである宝くじの場合でも、最大で10億円程度の賞金しかもらえません。
オンラインカジノならば、その宝くじをはるかに超える賞金を獲得することが可能なので、まさに一攫千金の夢のあるギャンブルだと言えるでしょう。

オンラインカジノでこうした高額賞金を得る近道としては、スロットマシーンでのプレイが挙げられます。
オンラインカジノのスロットマシーンの中には、ジャックポットというシステムを搭載している機種があります。

ジャックポットというのは、プレイの度にその金額の一部が積み立てられていくシステムのことです。

積み立てられた賞金が吐き出される条件はもちろん明らかにされていませんが、現在ジャックポットの金額がどのくらいになっているのかについては、各オンラインカジノのサイト上から知ることができます。
ジャックポット搭載機種は複数存在しているので、一攫千金を狙うのであれば、もっともジャックポットの額が高額になっているスロットマシーンを選んでプレイすると良いでしょう。

ですが、こうした高額賞金を獲得できる可能性は限りなく低く、お金を費やすだけ無駄だと考える方もいらっしゃるでしょう。
確かに20億円を超える高額なジャックポットを引き当てられる可能性はかなり低いですが、オンラインカジノのペイアウト率は日本のギャンブルと比べ遙かに高くなっています。

ペイアウト率というのは、ギャンブルに使ったお金のうちいくらが戻って来るかを示すパーセンテージのことです。

日本の宝くじのペイアウト率は40%となっていますが、オンラインカジノのペイアウト率はゲーム全体で97%という驚きの高さとなっています。
ギャンブルで一攫千金を夢見るのならば、宝くじよりもオンラインカジノのスロットマシーンに賭けた方がベターだと言えるでしょう。

海外政府の認可を受けている安全なギャンブル

海外政府の認可を受けている安全なギャンブル

個人情報の流出・不正アクセス・不正操作など、オンラインサービスとそうした問題点は切っても切れない関係にあります。
ではオンラインカジノも同様なのかというとそれは違います。

オンラインカジノはオンラインサービスの安全性に関する問題をしっかりとクリアし、誰もが安全に利用できるギャンブルサービスを提供しています。
そもそも、オンラインカジノはその運営を海外政府により認められています。

オンラインカジノを正式に運営するには海外政府発行のライセンスが必要となります。
このライセンスはただお金を支払えば得られるようなものではなく、運営会社のこれまでの実績から使用するゲームのソフトウェアの安全性に至るまで、多くの審査に合格しなければ得ることができません。

また、ライセンスを取得した後も海外政府による監視が続くので、その後に不正等が見つかると即ライセンスを剥奪され運営停止となってしまいます。
これは逆に言えば、現在海外政府発行のライセンスを取得し運営しているオンラインカジノは安全であるということになります。

そして、こうした海外政府による監視に加えて、オンラインカジノの多くは自らの高い安全性を示すために、第三者監査機関に定期的な監査を依頼しています。
オンラインカジノのサイト上には、各ゲームごとのペイアウト率が掲載されている場合がありますが、これは運営会社が調べたものではなく第三者監査機関が調べているものですので、そのパーセンテージは疑う余地のない信頼できるものと言えます。

資金の流れ方が法的規制の対象

オンラインカジノが抱えている社会的問題

オンラインカジノはいくつかの社会的な問題点を抱えています。

そもそもオンラインカジノは、世界中で人気のギャンブルとして広がっていますが、日本ではまだそれほど浸透していません。
ただ、どんどんネットとともに普及しつつあるので、多くの問題点が浮上しているのです。

そんなオンラインカジノの社会的な問題点の一つとして、まずはギャンブル依存症の問題があります。
オンラインカジノは、勝ち負けのリターンの差が激しいという特徴があります。

ギャンブルはこの勝負のリターンの差が大きければ大きいほど、この快楽が大きいと言われています。
オンラインカジノは、このようにギャンブル依存症になってしまいやすいと言われていて、実際に多くの患者が続出していると言われています。

オンラインカジノは、またスパム広告などの問題点も抱えています。
一部の悪質なウェブオーナーによって、スパム広告が無差別に送りつけられるというケースが後を絶ちません。

このようなスパム広告のせいで、オンラインカジノの社会的なイメージが悪くなってしまっています。
これは非常に残念なことですが、抜本的な打つ手は存在せず、受け取り側が設定をして拒否をするしか方法がありません。

オンラインカジノが抱えている社会的問題

登録と払い戻しについて

オンラインカジノへの登録ですが、まずは遊びたいカジノを選ぶところから始まります。
世界には数多くのオンラインカジノがありますが、中でも優良とされているオンラインカジノを選ぶようにしましょう。

オンラインカジノの登録についてですが、まずはアカウントの作成を行います。
この際、アカウントの登録はローマ字で行う必要がある点に注意です。

ローマ字で入力する際ですが、ヘボン式なら統一する必要があります。
くれぐれも住所の入力間違いをしないようにしましょう。

そして、登録が済めば、実際にゲームをすることが出来ますし、ゲームでもしも勝利をした場合には、お金を払い戻しすることが出来ます。
払い戻しの際には、オンラインカジノ側に身分証明書が求められますので、用意をしておきましょう。

本人確認書類ですが、主にパスポートや、その他運転免許証等が必要です。
場合によっては、住所などの記載が必要なので、公共料金の明細書も用意しておくと良いでしょう。

あとは、オンラインカジノのライセンス上の規約の関係で、収入証明書などが必要になることもあります。
その場合には、サポートに問い合わせるようにしましょう。

カジノカフェの摘発や逮捕

カジノカフェの摘発や逮捕

オンラインカジノは、法律的にはグレーゾーン的な位置づけとなっていますが、海外では合法的な存在です。
したがって、オンラインカジノで遊んでいるプレイヤーが直ちに逮捕されてしまったりすることはありません。

しかし、そんな中でも完全に違法なものとして扱われるのがカジノカフェです。

カジノカフェは100%摘発の対象となっている違法な店舗です。
カジノカフェは、オンラインカジノを店舗内で提供している違法なお店です。

繁華街でひっそりと営業を行っていて、そして店舗内で、オンラインカジノの精算が行われています。
暴力団の資金源となっているという噂もあり、オンラインカジノ側と店舗でやり取りが行われ、利益を折半しています。

オンラインカジノは、海外で運営されていて、そのサーバーも海外にありますが、カジノカフェは店内でお金のやり取りが行われており、これは賭博罪に該当します。

全国でカジノカフェの摘発が相次いでおり、店に足を踏み入れるだけで逮捕されてしまうリスクがあります。
また、カジノカフェは、安全に運営されているとは言えず、イカサマや、詐欺が行われている可能性は高く、プレイヤーが勝つことが出来なかったり、勝ち金を誤魔化されてしまう可能性もあります。

このようなカジノカフェが全国的にひっそりと営業されているのは社会問題の一つです。

これからのオンラインカジノの行く末

これからのオンラインカジノの行く末

オンラインカジノは、今までグレーゾーン的な位置づけとされてきて、専門家の間でも意見が割れている状態でした。
日本ではカジノ法案が設立されたこともあり、このオンラインカジノについても正式に法律で許可されるのではないかと考えられてきました。

しかし、カジノ法案が成立してからも、オンラインカジノに関する法律は出来ず、なんら言及はなされていない状態です。

ただ、オンラインカジノについては慎重に考えていくという話し合いはなされており、禁止にもされていないという状態です。
したがって、オンラインカジノは、合法でもなければ、違法でもないという現状の状態が今後も続いていくのではないかと考えられています。

一部の予測では、世界中でオンラインカジノが解禁されるに従って、様子を見ながら日本国内でも解禁するのではないか、いまは様子見の段階で、法律で禁止としない状態で止めているのではないかと予想されています。

いずれにしてもオンラインカジノは、法律で禁止とされたわけではありませんので、安心して遊べます。

特殊に見えて実は勝ちやすいギャンブル

オンラインカジノとは?

オンラインカジノとは?

オンラインカジノは、インターネットで出来るカジノゲームの一つとなっています。
世界中で人気のオンラインカジノは、今では全世界に8千万人以上のプレイヤーが存在しているエンターテイメントの一つとなっています。

さらに運営会社は、大手のスポーツチームのスポンサーをしているような、有名企業や一部上場企業ばかりとなっており日本語対応のカジノも増えてきています。

現在、世界には数千ものオンラインカジノがあります。
海外では、オンラインカジノは、町中に看板が立てかけられていたり、コマーシャルで宣伝されることも多く、みんなから親しまれているギャンブルの一つですが、日本国内ではまだ馴染みがないギャンブルの一つとなっています。

そこで、オンラインカジノとその他のギャンブルはどのような点で違いがあるのでしょうか。具体的に見ていきましょう。

特殊なオンラインカジノという存在

日本人が遊べるギャンブルには、実にさまざまな種類が存在していると言えるでしょう。
そういった数多くのギャンブルの中で、オンラインカジノというのは少し特殊な立ち位置となっています。

まず、オンラインカジノは、国営ギャンブルの中に存在するものではありません。
海外でオンラインカジノは運営されていて、そして他の国が認可しライセンスを発行しているのが特徴です。

そして、オンラインカジノに日本人がインターネットを介して、そしてゲームで遊べるというものになっています。
そのため、さまざまな面で他のギャンブルとの違いが存在しているのです。

正式にライセンスが発行されている

正式にライセンスが発行されている

オンラインカジノは海外において運営されており、正式にオンラインカジノを合法としている国から、ライセンスが発行された上で運営されています。
海外ではオンラインカジノを合法としている国も多く、そういった国において厳しい審査をクリアした上で運営されています。

このようにライセンスを所持している安全性の高いカジノを、日本に居ながらにして遊べるというわけです。

ライセンス制度の他にも、第三者機関の存在があります。
その第三者機関によって公平性や、安全性などもきちんとチェックされており、そのプログラムの公平性は保たれているのです。

日本の公営ギャンブルの場合、世界的にこのようにライセンスが発行されているというものではなく、あくまでも日本国内のみで運営されていますので、この点でも違いがあります。
安全性が確かとなっているのがオンラインカジノの特徴であり、魅力なのです。

ゲームの種類が圧倒的であること

オンラインカジノの場合、本場のカジノと同じように、ルーレットやスロット、そしてジャックポットだったり、ブラックジャック、ポーカーなど多彩な数百種類のゲームを楽しむことができます。
それも、インターネットのオンライン上で手軽に楽しめるのが特徴となっていますし、リアルマネーを賭けて、スリリングなプレイが体験することができます。

オンラインカジノは、ゲームの種類がこのように大変豊富となっています。
たとえば、パチンコやスロットの場合、同じゲームでしか楽しむことができず、その他のゲームを楽しむことができません。

しかし、オンラインカジノは多くの種類のゲームが楽しめて、プレイヤーを飽きさせることはありません。

時間や場所にとらわれない

時間や場所にとらわれない

オンラインカジノは、時間と場所に縛られないというのが大きなメリットです。
たとえば、スマートフォンやタブレットなどを使うことで移動中も楽しめますし、滞在先やネットカフェでも楽しめます。

パチンコ・パチスロとは違いあらゆる場所で楽しむことが出来て、そして24時間365日いつでも色んな時間帯で楽しめますので、忙しい現代人にはぴったりのギャンブルとなっています。

オンラインカジノやほかのギャンブルでの負けを取り戻したいという場合も、いつでもプレイすることが出来ますので、本格的にギャンブルが楽しみたい方も空き時間を生かして楽しめます。
そして、営業時間に並んだり、パチンコのように台を選んだりする必要もありませんので、時間を節約したり、交通費を浮かすことも出来るのです。

オンラインカジノとペイアウト率

オンラインカジノのペイアウト率は他のギャンブルと比較しても群を抜いて高くなっています
そのペイアウト率は約97%程度になります。

パチンコ・スロットは75~80%程度ですし、競馬については70%程度、そして宝くじに関しては50%程度です。
ペイアウト率が圧倒的に高いのには、オンラインカジノは店舗を持たず設備費用や、人件費がかからないという理由があります。

そしてオンラインカジノはさまざまな攻略法を駆使することができますので、ペイアウト率を上げることも可能であると考えられています。
手堅く戦略を練りつつ、ブラックジャックで安定して勝つことも出来るなど、その他のギャンブルとは違い、攻略要素が高いのもメリットです。

比較で見るオンラインカジノの信頼性

同じカジノはカジノでも、全く違うと言ってもいいほど違いのあるオンラインカジノとランドカジノ。
では、この両者には、どのような違いがあるのでしょうか。

利用する事ができる場所の違い

利用する事ができる場所の違い

まず、ランドカジノの場合、ラスベガスやマカオなどといった決められて場所に行かなければカジノを楽しむ事はできないものとなります。
また、こういった限られた場所だけで利用できる状態なので、今現在の日本ではランドカジノを運営する事も利用する事も出来ません。

一方、オンラインカジノの場合、店舗のないカジノとなります。
すべてオンライン上で楽しむものとなる為、どこかに出向きカジノを行うと言う事ではなく、パソコンやスマホの画面上で行うものとなります。

その結果、パソコンやスマホさえあれば、どこでもカジノを楽しむ事ができると言えるのです。
また、閉店時間や開店時間などもない為、24時間365日いつでも楽しむ事ができるようになっています。

違法性の違いについて

ランドカジノの場合、その国に認められた場所のみカジノを営業する事が可能になります。
また、日本人も、その場所に行きカジノをする事は違法ではなく、多くの日本人がラスベガスやマカオに行きカジノを楽しんでいます。

一方、オンラインカジノの場合、日本国内でも利用する事ができると言うことで、違法にならないか不安に思われる人も少なくありません。
確かに日本国内でカジノの場合、営業する事も利用する事も違法行為となります。
その為、一見、オンラインカジノも見つからないだけで違法行為ではないかと思われる事も少なくありませんが、それは大きな間違いです。

オンラインカジノの場合、今現在日本国内で取り締まる法律はありません
その為、悪い事を隠れて楽しんでいるというような考えをする必要はなく、安心して楽しむ事が可能です。

違法性の違いについて

お金の出し入れ方法の違い

ランドカジノの場合、その場でお金を賭け、勝てばお金を手にすることができ、目の前でお金の出し入れを行う事ができるため、安心かと思います。
言葉の壁も気になりますが、大抵の場合その場での指示通り行えば、現金さえあれば、誰でもランドカジノを楽しむ事は可能になっています。

一方、オンラインカジノの場合は、目の前にディーラーなどはいません。
また、直接、カジノのスタッフに会う事もありません。

その為、お金の出し入れが気になる点となりますが、オンラインカジノの場合、電子決済サービスを利用する事で簡単に問題を解決する事が可能です。
中には、クレジットカードを利用する事が可能なオンラインカジノもありますが、最近、クレジットカード会社の方がオンラインカジノへの入金を拒否する流れもあり、急に利用する事ができなくなることもあります。

そういった事を考えると、初めから電子決済サービスを利用する事がお勧めです。

電子決済サービスとは、簡単に言えばオンラインカジノ専用の口座のようなもの。
そこにお金を入金する事でオンラインカジノにそのまま、入金する事ができるほか、勝った賞金はその電子決済サービスに入金してもらい、そこから自身の銀行口座を介して現金を手にすることが可能になります。

電子決済サービスには、ecoPayz(エコペイズ)・iWallet(アイウォレット)などがあります。
場合によっては、利用する事ができる電子決済サービスが限定されているオンラインカジノもある為、初めに確認しておくと安心です。

お金の出し入れ方法の違い

安全性には違いなし!

そして、最も気になるとも言える安全性についてですが、ランドカジノとオンラインカジノにおいて、安全性の違いはまったくありません。
実際、相手の顔を見て行う事ができないオンラインカジノと言うことで運営側に対する不安要素を考える人も多いようです。

しかし、オンラインカジノの中には、ランドカジノの運営も行っているところもあり、その分、信頼できると言えるところも少なくありません。

また、オンラインカジノを運営するためには、各国が発行するライセンスを取得しなければ、営業する事は出来ません。
そのライセンスは簡単に取得する事は出来ず、資本金の審査やその企業の経営状況など細かく確認される為、ライセンスを取得する事ができた企業が運営するオンラインカジノは、まず、安心して利用しても大丈夫だと言えます。

このような事から、オンラインカジノもランドカジノ同様、安心してお金を賭け楽しむ事ができる場所となります。

まとめ

以上がオンラインカジノとランドカジノの違いとなります。
同じカジノはカジノでも、利用する事ができる場所に大きな違いのある両者。

言い換えれば、それ以外に大きな違いはなく、オンラインカジノでもランドカジノ同様に様々なカジノで楽しむ事が可能です。
と言うよりも、ランドカジノ以上のゲーム数を誇るオンラインカジノが多く、毎日でも飽きずに楽しむ事ができると言う点が大きな魅力となっています。

ただし、その分、自分自身で予算を決めるなどと言った強い意志は必要になります。